読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

デジタルを買うならココ!

全くの初心者です。DVDは付録と言うよりもDVDがメインでは?と思えるくらいの内容です。ニッコールレンズのナノコートのよさわかりますよ。

コスパ最強と噂の♪

2017年03月02日 ランキング上位商品↑

デジタル世界一わかりやすいデジタル一眼レフカメラと写真の教科書 [ 中井精也 ]

詳しくはこちら b y 楽 天

私のカメラでも!見つけることができました。まだ!最初の部分をさーーっとしか読んでおらず!DVDを見ただけですが!同じ対象物で!3枚写真を撮って見ました。ただ!どちらかというと初級〜中級者向けかな!という感じです。本自体は文字が多いわけではないのでさらっと読めます。他にも「初心者向け」と思われる本を2冊読みましたが、かっこいい写真が載っていて、露出とかシャッター速度とか書いてありますが、だからどうしろと??という感じでした。この本は付録のDVDがあってこそ!この本が生きてくるそんな感じです。本自体は、?マークが付きそうなくらいですが、DVDはとても分かりやすく説明してくれます。ペットを撮るときにいつもこれになってしまいます^^;父は付属DVDの内容が為になると言っていました。デジ1初心者ですが、カメラの操作や、構図の取り方、露出、絞りの決め方等、ある程度慣れた頃にぶつかる壁を乗り越えるのに大いに役立ちそうです、又、DVDも付いているので、とても解りやすく、目で見て考え、耳で聞いて覚えてと、大いに活用して行こうと思っています。せっかくなのでカメラを勉強したいと思い購入しました。既に発売の「撮り鉄」や、カメラ雑誌で掲載された内容と重複するところがありますので、本屋で実際に手にとって内容を確認されてから購入した方が良いと思います。DVDを見ながら本を読むとデジタル一眼レフの使い方の基本を丁寧に解説しているので!非常に良かったです。ですが逆を言えばニコンデジタル一眼レフを使っている方ならばスムーズに本に書かれているやり方ができると言うことです。ニコンのカメラで説明されていますが!他のカメラユーザでも十分勉強になると思います。本を読んで植物園に出かけたら写真を撮ることが楽しくて、普段よりちょっぴり上手く撮れたような気もして嬉しかったです♪ニコンD90を愛用していますが、なかなかうまく撮れない為この本を購入しました。正直買ってよかったと思います。私は細かい活字ばかりの本は苦手で!理解する能力が少ないかと思うのですが!そういう私でも適した本であります。この本ばかりはレビューが参考になったかな。DVDは何度でも見れます。説明している機種もニコンのD300なので機能が!だいたい一緒の為とても参考になりやっと良い本に巡り合えた気分です。被写体がデン!と中央に来ることを日の丸構造というのですね。自称ハイアマチュアカメラマンですが!最近マンネリ化していた自分の写真にカンフル剤を打たれた気分ですほぉっと思う事が沢山あってとても興味深かったです初心者よりもちょっとカメラを楽しんだ後に撮影に興味をもって読まれる事をお勧めします。被写体は風景(特に鉄道)が多いですが!被写体に合わせた撮影のコツや!光の読み方など!多くの場面で応用が出来る内容となっていました。DVDもついており、かた苦しくなくて良いですね。nikonD3100を少しでも使いこなしたくて。付属DVDも!全体で1時間くらいにコンパクトにまとめてあり!一気に見ることができました。 今は購入してよかったです。付属のDVDは本書を読まなくても見ることができる内容なので、DVDを先に見ても違和感がないかと思います。ポイントの写真もついててわかりやすかったです。しかし、DVDと本を眺めて、自分のカメラで撮影していくと、中井さんの言われていたこと少しですが、わかってきたような気がします。忘れるので(笑ゆる鉄でおなじみの中井さんの本です。この本は、構図のとり方、1つの物をいったいどんな風に撮りたいか?という視点で、初心者の私には大いに役立ちました。わかりやすく!カメラを構える意識・構図!などなど説明されていて!繰り返し読んで学習しています。初心者に優しい一冊です!ただし!機能の説明!機能の意味などはないようなので!そこは他の本で勉強したほうがいいかも!DVDがとてもわかりやすくて!手に持ちながら操作できるのはGOOD!10/17のブログにも載せましたのでよろしければどうぞ♪デジタル一眼レフの初心者又は!もう少し奥を知りたい人にはわかりやすいです。本の値段が高いので迷いましたが「日本一売れているカメラの本」ということで初めての一眼レフだから、、と思い切って購入。こちらの本はタイトル通り!どうすればデジタル一眼レフでイメージ通りの写真を撮れるかというやり方が説明されていまして!一眼レフの雑誌で初心者向けに撮影のやり方を教えてくれる連載記事で書いてあるようなことはもちろん!普通に取っている分にはまず使わないカメラの機能を利用したやり方や!基本から更にワンステップ高度な技術まで分かりやすくカバーしています。星5つとる訳が把握できました。一眼レフを使うのは父で私はコンデジですが、今までこういったカメラ本を読んだことがないので新鮮で読み物としてとても面白いです。使用機材がニコンであることもあって購入しました。ぱっとみて気になったので思い切って購入しました。また!ちょっとしたコツもあったので!色々試しながら読みました。 とは言え、こちらに書かれている内容が全てというわけではなく、最終的には実際に撮っていくうちに自分なりのやり方を見つけていくのでしょうけど、「こういうやり方もある」という参考にはもってこいの本だと思います。 敢えて問題を挙げるとすれば!監修がニコンカレッジである関係上!本の中で使われているカメラがニコンの機種ですから!他のメーカーの機種だと本で紹介されている操作方法と少し違っているかも知れない所でしょうか。デジタル一眼初心者には本当に教科書のような内容で!コンパクトデジカメから一眼にシフトした人や!デジタル一眼でカメラデビューした人には特に満足できるかと思います。かといってフィルム一眼からデジタル一眼へシフトした人にとっても、デジタルならではの設定部分ももちろん記載があるので、十分満足できるかと思います。まったくのド素人なので!最初は「教科書?」難しい〜と思いました。今まで漠然と写していたので、レイルマン比率を気にして撮って見ようと思いました。説明に使われているボタンの名称などは、おそらくどのカメラにもあるボタン(名称)なんだと思います。設定以降は、わかりやすく徐々にステップアップしていくため、読んでいるだけで上達した気分になり、写真を撮るのが楽しみになりました。私の場合!中井精也先生の写真が好きなので!読んでいるうちに夢中になってしまいました。 例えばホワイトバランスについては、それまで撮影する環境に合わせて使っていたそれぞれのモードがどういう風に写真を修整するのか説明されているので、目で見たイメージ通りに撮影する段階から、被写体の雰囲気を増したり、自分の思い描いたイメージに合わせて撮るためのフィルターとして使えるようになる段階にスキルアップさせる助けになるでしょう。最初の章の何をどう撮るかという所は、デジタル一眼に限らず、写真撮影する人全般に参考になると思います。いきなり構図や、F値や露出・・といわれてもさっぱりわかりませんでした。初めてレフカメラを購入。